ショップブログ詳細

Language

メニュー

他店舗へ

1F鍵・靴修理・バッグ修理

ミスタークラフトマン

ミスタークラフトマンでは靴・バッグの修理やクリーニング、傘修理、 合鍵作成を承っております。 お客様の愛用品を末長く使えるように全力で修理させて頂きます! 気になる事がございましたらお気軽にご相談下さい。 ご来店お待ち致しております!

フロア

1FMAP

ジャンル

鍵・靴修理・バッグ修理

営業時間

10:00~20:00

電話

044-777-7715

 

ショップニュース

ニュース一覧へ

2019.03.01

思い出のランドセル、どうしてますか?

こんにちは! ビーンズの離れ家、靴修理と合鍵作製のミスタークラフトマンです。

3月は卒業シーズン、その中でも6年間通った小学校生活というのは思い出深いものではないでしょうか?
日々共にしたランドセル、今回はこのランドセルの歴史について触れていきます。

それは江戸時代、洋式軍隊制度が導入された際に持ち物を収納するバックパックを利用したのが発祥とされ、オランダ語で背負い鞄の意味をもつ「ランセル」が訛って「ランドセル」と呼ばれるようになりました。

今のような通学鞄になったのは明治時代に馬車や人力車での通学を禁じられて学生が使うようになったのがきっかけでした。

その翌々年、当時総理大臣であった伊藤博文が皇太子殿下の学習院入学を祝し、箱型で革製のランドセルを作らせ献上したのが現在のランドセルの原型になりました。
全国へと普及されるまでは形も様々で、生地も布製やアルミ製のものまであったようです。

今ではすごい進化していて、デザイン性は勿論の事ですが機能性も充実しています。
・A4サイズのファイルも入る大きさ
・巻き込み事故防止の安全フック
・自動ロック
・反射テープ、反射材つき
等々。

どんどん使いやすく安全性も高まって、素材によっては一生物にできるくらいのクオリティーです。
ただ使うのは6年間、当然安いものではないですから「使い終わったから捨てる」というのはあまりにもったいないですね。

そこでその思い出の詰まったランドセルを、ミニチュアにして保管しませんか?
当店ではランドセルを小さく作りかえる「メモリアルランドセル」を承ってます。

フタの部分のみを再利用する「スタンダードタイプ」
全体のパーツを使って再現する「プレミアムタイプ」
の2種類で、納期は約3〜4ヶ月です。
※素材により出来ないものもございます。

詳しくは店頭、または上にあるランドセルの画像をタップしていただいてHPをご参照ください。

JR東日本グループの共通ポイント、JRE POINT。

映画『キングダム』館内QRスタンプラリー開催

4月公開の映画『キングダム』館内QRスタンプラリー...

2019/03/15

春の新生活応援キャンペーン【ちょっといいものプレゼント】

JRE POINT会員様限定 春の新生活応援キャンペーン...

2019/03/15

10:00~21:00

南武線武蔵新城駅直結

神奈川県川崎市中原区上新城2-10-18

044-753-1886

SHOP SEARCH ショップ検索

  • ワークショップ・イベント情報
  • 最新チラシはコチラ
  • JR東日本グループの共通ポイント、JRE POINT。

PAGETOPへ