サステナブルな江戸時代|リアット!のショップニュース|ビーンズ武蔵中原 | JR南武線「武蔵中原駅」直結のショッピングセンター

重要なお知らせ

靴/鞄修理・鍵

リアット!

平日・土曜10:00~21:00 日曜・祝日10:00~20:30

044-797-3162

1F

ショップニュース

掲載日:2024-07-01

サステナブルな江戸時代

環境問題が深刻化する昨今ですが、リサイクルという言葉がなかった
江戸時代からリサイクルは行われていました。

落ちている紙屑を拾って古紙問屋へ持ち込む、古紙を集める専門業者。抜け落ちている髪を拾って添え髪を作る業者。
灰や排泄物は肥料になり、壊れた物はなんでも修理をして使う。
役目を終えたからゴミにするのでなく、別の形にして利用することで生計を立てていたのです。
限りある資源だからこそ、大切に使われていました。

7月4日はファッションお直しの日です。

	•	Refuse(リフューズ)断る:ごみになるものを断ること
	•	Reduce(リデュース)発生抑制:ごみを発生させないこと
	•	Reuse(リユース)再使用:ものを繰り返し使うこと
	•	Repair(リペア)修理:ものを修理して使うこと
	•	Recycle(リサイクル)再生利用:資源として再生利用すること

お気に入りの靴やバッグを修理して永く使っていただくことが、サステナブルへの貢献につながります。

お困りのお品物がありましたら、当店へご相談くださいませ。

リアット!のショップページへ戻る

リアット!のショップページへ戻る