ショップブログ詳細

Language

メニュー

他店舗へ

1F鍵・靴修理・バッグ修理

ミスタークラフトマン

ミスタークラフトマンでは靴・バッグの修理やクリーニング、傘修理、 合鍵作成を承っております。 お客様の愛用品を末長く使えるように全力で修理させて頂きます! 気になる事がございましたらお気軽にご相談下さい。 ご来店お待ち致しております!

フロア

1FMAP

ジャンル

鍵・靴修理・バッグ修理

営業時間

10:00~20:00

電話

044-777-7715

 

ショップニュース

ニュース一覧へ

2019.07.28

お財布の原型はポーチ!?

こんにちは! ビーンズの離れ家、靴修理と合鍵作製のミスタークラフトマンです。

急激に普及してきた◯◯ペイなどの電子マネー、昔からあるクレジットカードや交通系の電子マネー、加えて仮想通貨と、近頃キャッシュレス化が一気に進んでいますね!
お会計時に◯◯ペイは使えますか?というお客様の声も増えてきています(当店では交通系電子マネーのみ)
お財布を持たない時代も近いのかもしれません。

さかのぼると、日本で硬貨が使われるようになったのは平安時代末に中国などの諸外国との貿易を始めたことがきっかけでした。
室町時代、渡来銭だけでは不足していたため、自国内で硬貨を鋳造するようになります。その硬貨は今の5円、50円のように真ん中に穴が開いていたのでそこに紐を通して使っていたようです。
江戸時代中期になると頻繁に硬貨を使うため巾着に入れるようになり、これが語源となって財布の紐がゆるむ、などの表現がされているのですね。

紙幣も発行され、布製の財布として紙入れが登場します。
これの元となるのが懐紙入れといって、字のごとく懐に入れて携帯しておく二つ折りの和紙で、今で言うハンカチやティッシュを入れておくポーチのようなものだったようです。
明治時代には欧米文化の影響を受け、様々なデザイン、様式へと変化したのだそう。

現代ではブランドの物を持つ方が多い印象です。
ただお財布も愛用していれば傷みも出てきますよね?
ファスナーが噛み合わない、内装が劣化してしまった、表面の色が擦れてしまった、縫い目がほころんでしまった、など。
当店ではそんなお財布の修理も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

JR東日本グループの共通ポイント、JRE POINT。

JRE CARD優待店スタート

2019年9月6日よりビーンズはJRE CARD優待店となり...

2019/08/15

10:00~21:00

南武線武蔵新城駅直結

神奈川県川崎市中原区上新城2-10-18

044-753-1886

SHOP SEARCH ショップ検索

  • ワークショップ・イベント情報
  • 最新チラシはコチラ
  • JR東日本グループの共通ポイント、JRE POINT。

PAGETOPへ