ショップブログ詳細

Language

メニュー

他店舗へ

1F鍵・靴修理・バッグ修理

ミスタークラフトマン

ミスタークラフトマンでは靴・バッグの修理やクリーニング、傘修理、 合鍵作成を承っております。 お客様の愛用品を末長く使えるように全力で修理させて頂きます! 気になる事がございましたらお気軽にご相談下さい。 ご来店お待ち致しております!

フロア

1FMAP

ジャンル

鍵・靴修理・バッグ修理

営業時間

10:00~20:00

電話

044-777-7715

 

ショップニュース

ニュース一覧へ

2019.05.29

世界一傘を持っているのは日本人!?

こんにちは! ビーンズの離れ家、靴修理と合鍵作製のミスタークラフトマンです。

毎年恒例の梅雨がきます、必需品はもちろん傘ですね。
でもそう考えるのは私達日本人だけかもしれません。
というのも、降水確率が最も高いグアムより傘の所有率では日本が世界一なのです。
それにはこんな理由がありました。

グアムはご存知の通り亜熱帯気候、雨は毎日のように降りますが、シャワーのような通り雨ですぐに乾くため、傘を差す必要がないということ。

2位のロンドンでも雨が降る回数の割に降り続けることはあまりなく、降っていても街中であれば店の軒が長いので軒下を歩けば濡れずに済むというのです。

プラス、どちらの国にも共通しているのは傘を差しても濡れてしまうような雨が多いということ。

それに比べて日本で降る雨は長時間で、気候的にも湿度が高く濡れるとなかなか乾かないという特徴があるため、傘の必要性が高いのでしょう。
加えて、几帳面で準備がよいという国民性も関係しているのかもしれません。

ただ、この傘によって悪影響を及ぼしていることがあるのです。
それは廃棄量。
年間1億3千万本が消費され、そのうちの8千万本はビニール傘だそうです。
しかもその半数以上が出荷から1年以内に廃棄されていることから、環境問題になっています。

傘は構造上分別が困難なためそのまま埋め立て地へいくことがほとんど。
廃棄の一番の原因は忘れ物、落し物の遺失物。遺失物の中でも傘は常にランキングの上位にいます。
心当たりがありすぎて胸が痛いですね(笑)
また、安価なビニール傘の普及によって修理して使う人が減ったこともあるかと思います。

当店では本当に簡単なものだけですが傘修理を承っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

傘修理
\324~

JR東日本グループの共通ポイント、JRE POINT。

10:00~21:00

南武線武蔵新城駅直結

神奈川県川崎市中原区上新城2-10-18

044-753-1886

SHOP SEARCH ショップ検索

  • ワークショップ・イベント情報
  • 最新チラシはコチラ
  • JR東日本グループの共通ポイント、JRE POINT。

PAGETOPへ